大学女性協会とは >


 沿革


■1946年 創設
■1954年 IFUW (国際大学女性連盟1919年創立)に加盟
■1974年 第18回 IFUW総会開催 東京&京都
■1995年 第25回 IFUW総会開催 横浜
■2012年 法人改革により一般社団法人として認可
        
詳しく知りたい方は こちら

 

 ■概要

一般社団法人として、国際大学女性連盟と協働しながら女性の地位向上を
目指した公益活動を行っている実績のあるNGOです。奨学金事業、女性リーダーの
育成、国内外の諸問題に対する唱道活動など多様な事業を展開しています。


1.組織
■定時会員総会 JAUWの最高の意思決定機関で、毎年全国25支部回り持ちで開催されます。2016年度は一般社団法人移行後の第5 回定時会員総会を神戸支部で開催しました。
   
■理事会

会長(代表理事)、業務執行理事5名(副会長2名、総務1名、財務、会計1名)、事業担当理事6名(総務1名、会計1名、調査・研究&奨学事業、国際支援&国際ネットワーク、広報、事業)、支部担当理事2名の各理事および監事2名で構成され、毎月開催されます。

   
■委員会

会員、事業(親睦、収益、文化、新規)、女性エンパワーメント、教育、国内奨学、社会福祉、科学研究奨励、国際奨学、国際奨学、国際ネットワーク、文化交流、広報(計15委員会)。それぞれ関心のある会員が委員として参加しています。

   
■特別委員会 企画委員会、HP管理委員会、年史作成委員会、東日本大震災災害地支援特設委員会、など、事業計画に沿って随時召集されます。
   
■支部 札幌 函館 秋田 仙台 新潟 茨城 栃木 群馬 長野 東京 神奈川 静岡 愛知 金沢 福井 京都 奈良 大阪 神戸 岡山 広島 大分 熊本 福岡 長崎 (計25支部)。支部・本部は一体となって事業を推進するほか、それぞれの支部は地域に密着した独自の活動を行っています。会員は全国25の支部のいずれかに所属しています。
   

2.組織図





 

 目的・会員数

1.目的
高等教育を受けた女性がその教育の成果をもって、女性の教育の向上及び男女共同参画社会の推進を図り、国際大学女性連盟(IFUW)の加盟団体(1954年加盟)として、国際協力と世界平和に尽くすことを目的とし、次のような事業を行っています。 
(1) 女性の教育の向上、福祉の推進及び男女共同参画社会の形成に向けての調査研究を行い、その成果をもって啓発や提言活動をする 
(2) 国内の女性の高等教育・研究助成のための奨学金および賞の授与
  大学院生、身体に障害を持つ学部学生および大学院生、医学・薬学を専攻する大学院生への奨学金贈呈 
  若手女性科学者に対する科学研究奨励賞の贈呈 
 * 東日本大震災災害地支援奨学金の給付
(3) 国外の女性研究者への奨学金給付及び国際協力のための国内の女性人材育成
  IFUW会員の他、他国の研究者をJAUW国際奨学金により招聘
国内の女性人材育成支援と文化交流事業
 (4) IFUW及び国内外の女性団体との協働
IFUW加盟団体との交流 
3年に一度加盟各国回り持ちで開催されるIFUW及びアジア大学女性連盟国際会議(UWA)への参加 
  国連に諮問的地位をもつIFUWと連携しての世界に向けての意見表明
  国内の女性団体との提携による活動
 (5) 会報および図書の刊行
 (6) 会員等の啓発および親睦活動
  講演会、講座の開催
  芸術鑑賞、親睦旅行等
   
2.会員数 正会員 約1000名 

 

賛助会員(含男性)

 

 役員

理事  
会長 鷲見 八重子 
副会長 牧島 悠美子 梅田 和子  
総務 菊池 摩耶子 市川 知恵子   
財務 田辺 光子    
会計 鈴川 佳子 中村 礼子  
調査・研究担当 窪田 憲子    
奨学事業担当 窪田 憲子    
国際支援担当 山下 いづみ    
CIR・国際ネットワーク担当 山下 いづみ    
広報担当 端本 和子    
事業担当 松村 和子     
支部担当 中山 正子 伴 紀子  
   
監事 阿部 幸子 縄田 眞紀子  

 

 

大学女性協会とはご挨拶委員会会報支部アーカイブ

  お問い合わせ
入会案内

定款
公開情報

プライバシーポリシー