JAUW福井支部      2018.2更新

 

 

NEW!!

郷土を知ろう 「越前町を訪ねて」

2017年6月18日(日)会員6名で越前町を探索しました。

 先ず、今年は泰澄大師が白山を開山されて1300年を迎えるということで、同年に泰澄大師により開基された朝日地区の朝日観音福通寺を訪れました。正観世音菩薩(秘仏)の御開帳には間に合いませんでしたが、泰澄大師が観世音菩薩と同木より作られた千手観世音菩薩を拝見させていただき感銘を受けました。奥様に、泰澄大師やお寺について説明を受けた後、茶室で抹茶を振る舞って頂きました。皆それぞれ、久しぶりに抹茶を味わい心が洗われるようでした。次に、福井総合植物園「プラントピア」の園内を散策しました。山野の植物が茂っている静寂な園内は、森林にいるようですがすがしく感じました。

 それから、織田地区に移り、オタイコヒルズ(ここで毎年太鼓の祭典「オタイコ響」を開催)で、豆腐料理に舌鼓をうちました。織田地区は水が美味しく、豆腐作りが盛んです。その後、劔神社(織田信長の氏神)を参拝し、織田文化歴史館では、国宝の梵鐘、神仏習合や泰澄大師にまつわる遺物、越前焼などを、雨田光平美術館では、彫刻作品や絵画を鑑賞しました。ほとんどのメンバーが初めて訪れるとあって、興味を持って見学することができました。

 様々な施設を訪れることができ、充実した一日を過ごすことができました。

 

 

 

 

 


NEW!!

学習会 「子育てに関するアンケート」の分析

 アンケートを集計、分析しています。今後の活動に活かそうと考えています。

 

 

 

 

 

NEW!!

公開講座 「『介護』が我が家にやってくる!」

              ~誰の役割?どう協力?~

2017年10月8日(日)10:00~11:30 ユー・アイふくい(福井県生活学習館)で、丹尾由紀子氏(福井県介護支援専門員協会理事)をお招きして公開講座を実施しました。参加者23名(内会員6名)。
  講座では、福井県の人口に占める高齢者の割合が年々高くなり2017年は3割となっている現状から「将来介護がどの家庭でも不可避となる。今後の介護をどのように受け止め、取り組んでいったらよいか。」について、資料を提示し、豊富な経験を交えながら分かり易く話してくださいました。また、実際すぐに役立てることができるように、介護保険制度や、地域での介護サービスの利用の仕方について例を挙げて詳しいご説明がありました。
  参加された皆さんからは、「一人が抱え込まないこと、関わる人間を増やすことの重要性とともに、そのコツに納得した。『最初から大きすぎる石は投げない。小さな石を投げて波形を見る(小さめなことを頼んでその様子を見る。)たくさんの人に“石つぶて”を投げる』って、何事にも言えそうな気がした。」「家族としてできること、家族にしかできないことを、自分なりに考えたい。」「豊かな見識と経験をもとに、平易な言葉で分かりやすく、ユーモアを交えて楽しく聞かせてもらった。」などの感想をいただきました。

 



★★★ 活動方針 ★★★
  JAUWは次のことを目的とします。
  1 女性の高等教育の向上
  2 男女共同参画社会の推進
  3 国際協力と世界平和